【小説】勇者になれなかった三馬鹿トリオは、今日も男飯を拵える。

簡単なあらすじ

 小学校からの幼馴染であるアラサー男の北山、東、西田は勇者召喚で呼び出されるが、能力を持っていなかったので城を追い出される。
生きるために3人はウォーカー(冒険者みたいなもの)になり、山、森にこもり、動物を、植物を、魔物を食う!

これは勇者でない、普通のアラサーおっさんたちが、生きるために食べて、馬鹿をしながら生きていくというストーリー

感想

飯が非常に美味しそう

タイトルにもあるとおり、旨い飯を食べるために馬鹿をやっているアラサー男たちですが、
過去にも勇者召喚が何度もあったこともあり、醤油やマヨネーズなどの日本で簡単に手に入る調味料は大量にあるようです。
つまり、日本にいたときと同じ感覚で色んな調理が可能。
この小説、とにかく飯を美味しそうに表現してくれる。

キャラたちの性格が豪快

3馬鹿たちはコミュ力お化けです。
また、初期に加入する少女の南も併せて東西北南と方角をコンプリートする4人組ですが、それぞれ個性豊かで面白いです。
全員が召喚されるまでには色々と事情があったりしたようですが、異世界の方が自由に生きれるといった野生児のような性格だったので異世界に染まるのはすぐのようでした。

3馬鹿と一緒にいると、周りの知能指数も豪快になったように感じます。(銀魂の銀さんと絡んだら全員もれなくアホになると一緒の現象です。)

探索パートが面白い

魔物を倒すのも基本的に「うまい飯を食う」ためだけ。
だからこそ、大物が来ても「よっしゃ!食いごたえある!」みたいなノリで、とにかく狩る、食う。
こういう、野生の本能で、生きるために倒す、そもそも魔物は食材にしか見えていないってノリ、大好きですよ。
某美食屋みたいに「すべての食材に感謝を込めて、いただきます」とでも言いそうな闘いばかりしてますし(笑)

原作

勇者になれなかった三馬鹿トリオは、今日も男飯を拵える。(くろぬか) - カクヨム
【書籍4巻販売中】肉肉、野菜、米パンスープ、そして肉! ソレが男飯
カトラス
カトラス

中々に大当たりだった小説に出会いました。

原作はそこそこ長編ですが、気軽に読めました。



タイトルとURLをコピーしました